タンパク質トリートメントってなに?

髪の毛はタンパク質から出来ているって言いますよね。

 

人間の体を作っているものの中で1番多いのは水。その次がタンパク質なんだそうです。

 

皮膚や内臓、髪の毛を作っているのがタンパク質という訳です。

 

そんなタンパク質の性質は、熱を加えると変形する事。

 

だから大豆から豆乳になったものを、熱を加えることで豆腐という固形にまたする事ができるんだそう。

 

それは髪の毛も一緒で、美容院に行ってパーマをかけてもらう時にカーラーで巻いた後、熱を加えますよね。

 

タンパク質を変形させる事でパーマという髪のウェーブを作っているそうです。

 

ただ、髪の毛は生活環境やパーマ、カラーリングなどでどんどん痛み、髪の毛の内部はスカスカの状態になってしまいます。

 

そうするとバサバサでまとまらず、指通りも悪い最悪の髪になってしまうんですよね。

 

そんな髪はどうしたらいいかというと、美容師さん達は”タンパク質を髪に補給すればいい”と言うそうです。

 

そこで、美容院では”タンパク質トリートメント”がメニューにある所も沢山あるとか。

 

髪に直接たんぱく質を入れ込むことで、スカスカの髪が栄養でたっぷりになり、さらに髪の表面もたんぱく質でコーティングされるので刺激からも守られるんだそう。

 

今度、私も美容院へ言ったら聞いてみようと思います。

 

 

TOPページに戻る